お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

FXチャート FX基礎知識

お金を稼ぐためには「FX会社のスプレッドが狭いこと」が有利と聞きましたが、どのような理由で有利なのか分かりません。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • FX会社のスプレッドが狭いことの優位性がわかります。
  • FX会社のスプレッドの狭さが、お金を稼ぐために重要なポイントとわかります。
こんにちは。兼業FXトレーダーの「あび」です。2015年から2020年までの5年間、毎日コツコツと仮説検証を続けて初心者でも利益を出しやすい手法として「あび式 副業FX」を作りました。本ブログではFXで勝つための3つの準備とたった1つの根拠を解説しています。

「あび式 副業FX」って本当に稼げるの?

と気になる人がいると思いますので、検証トレードを行って以下のように実証しました。

さて。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは

FXで勝ち続けるのは難しい…

と考えているのではないでしょうか?

ずはり、FXで勝ち続けるための秘訣は2つ!

  • 基礎知識
  • 勝てる根拠

これだけです。

難しいことはありません。

基礎知識と勝てる根拠があれば勝率は上がります。

本ブログを読むことでFXの基礎知識と勝てる根拠がわかり、初心者でも「利益を出しやすいトレード」がイメージ出来ることでしょう。
本記事は「FXで安定して勝てない」とお悩みの方を対象に書いています。既に稼いでいる方には物足りないと思いますので読まなくて大丈夫です。

お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

スプレッドはFXでお金を稼ぐうえで非常に重要なポイントになります。

スプレッドが狭いFX会社が有利な理由を3つ解説しますので、理解を深めてお金を稼げるFXトレーダーになりましょう!

スプレッドが狭いFX会社が有利な理由

  • 取引コストが削減できる
  • 指値注文が約定しやすくなる
  • 逆指値注文が約定しにくくなる

順番に解説していきます。

取引コストが削減できる

最初の理由「スプレッドが狭いFX会社を使うと取引コストが削減できる」については、以下の記事「スプレッドとは」をお読みになると理解できるかと思います。

「ここがわからない!」などありましたら、お手数をおかけしてすみませんが、本ブログのお問い合わせフォームやツイッターのDM機能でお知らせください。順次、追記していきます。

指値注文が約定しやすくなる

スプレッドが狭いFX会社を使うと指値注文が約定しやすくなるとはどういうことでしょうか。

例として、スプレッドが1銭のA社と10銭のZ社で解説していきます。

USD/JPY(アメリカドル/日本円)の「売りの指値注文」を100円で入れたとします。

そして、レートが100円付近で反転した場合、スプレッドが狭いA社は「指値注文」が約定する可能性が高いですが、スプレッドが広いZ社はA社の売値より低いため、100円まで到達しない(約定しない)可能性があります。

指値注文が約定しやすくなる

100円で利益確定したかったのに約定しなかった…

スプレッドが広いFX会社でトレードすると「利食いのチャンスを逃す」など、トレーダーとして悔しい思いをすることになります。

逆指値注文が約定しにくくなる

スプレッドが狭いFX会社を使うと逆指値注文が約定しにくくなるとはどういうことでしょうか。

先ほどと同じく、スプレッドが1銭のA社と10銭のZ社を例に解説していきます。

USD/JPY(アメリカドル/日本円)のレートが100円になったら損切りしようと「売りの逆指値注文」を入れたとします。

ドル円をロングしたけど100円まで落ちたら損切りしよう…

そして、レートが100円近くまで下落したものの、ギリギリのところで持ちこたえて100円に到達せずに反発上昇した場合、スプレッドが狭いA社は「逆指値注文」が約定せず損切りを逃れることが出来ました。

逆指値注文が約定しにくくなる

逆にスプレッド広いZ社の売値はA社より低いので100円に到達して損切りの可能性があります。「損切の逆指値注文が約定した途端に相場が戻る」という不思議な現象を体験した人はスプレッドの幅が原因の一つかもしれません。

以上がスプレッドが狭いFX会社が有利な理由です。

スプレッドが狭いFX会社が有利な理由

  • 取引コストが削減できる
  • 指値注文が約定しやすくなる
  • 逆指値注文が約定しにくくなる

お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社を選ぼう

お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社を選ぼう

スプレッド広いFX会社、または、何かあると直ぐにスプレッドが広がるFX会社は、利食いの指値注文が約定しにくいこと、損切の逆指値注文が約定しやすいことから、私たち素人トレーダーには大きな足かせとなります。

FXは1回のトレードで大金は稼げません。

FXは利食いと損切りを繰り返しながら、日々コツコツと利益を積み上げていく投資手段です。スプレッドが広いFX会社を使って利食いの機会を逃したり損切り回避の機会を逃したりしていたら、1割のトレーダーしか勝てないと言われているFXの世界で生き残ることは難しいでしょう。

FXは損切りだけが損失ではありません。スプレッドの差も損失と考えて、スプレッドが狭いFX会社を選びましょう。

スプレッドが狭いFX会社

スプレッドで損をしていないか再確認しましょう!

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事 【FX書籍紹介】FXで勝つための資金管理の技術(著:伊藤彰洋、鹿子木健)

人気記事 9割が退場するFXで長生きする秘訣。過去の苦い経験から3つ解説。

タイトルとURLをコピーしました