木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける。対策は万全に!

FXワンポイントノート FX基礎知識

FXトレードをすると、かなりの確率で相場が逆に進んで損します。全然勝てません。原因は何でしょうか…

このようなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 注文内容と相場が逆行するのは「木を見て森を見ず」が大きな原因
  • 原因を理解することで、注文内容と相場の方向性をあわせる方法がわかります
こんにちは。兼業FXトレーダーの「あび」です。2015年から2020年までの5年間、毎日コツコツと仮説検証を続けて初心者でも利益を出しやすい手法として「あび式FX」を作りました。本ブログではFXで勝つための3つの準備とたった1つの根拠を解説しています。

「あび式FX」って本当に稼げるの?

と気になる人がいると思いますので、検証トレードを行って以下のように実証しました。手法が気になる人は以下よりどうぞ。

それでは、本文へ進みます。

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける

FXトレードで以下のような不思議な経験を繰り返していませんか?

買いの注文を入れたら値下がりした…

売りの注文を入れたら値上がりした…

何故かエントリーとは逆の方向に相場が進むことが多いです…

本記事のテーマは「木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける」。

たとえば、あなたが15分足チャートを分析していて買いのチャンスが来た!と判断したとします。15分足だけ(木)を見て、上位足(森)を見ないでトレードしたらどうなるでしょうか?

上位足、例えば4時間足、日足が売りのトレンドの中、15分足で買いのエントリーをしても勝てる可能性は低いでしょう。

15分足チャートで買いだと思っても、相場の大きな流れは売りの場合は下落トレンドの小さな戻りにすぎません。

すぐに下落する可能性大

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける原因と対策

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける原因と対策

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける原因

相場の全体像を考えずにトレードすると負けます。

100%といっても過言ではないでしょう。

1つの時間軸のローソク足だけを分析してトレードするのは危険行為!(上記例では15分足だけ見て、4時間足や日足を見ないでトレードをすることです)

これは「木を見て森を見ず」の状態となり、相場の大きなトレンド方向がわからないばかりか、多くの投資家が意識しているレジスタンスやサポートもわからないので圧倒的に不利。

(レジスタンスとサポートについては別記事で解説します)

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける原因の対策

上位足から分析すること!

長い期間の上位足(4時間足や日足など)を分析してトレンドの方向を理解してから、上位足のトレンド方向と同じ方向へ短い期間の下位足(15分足など)でトレードしましょう。

すると、売買の方向が大きなトレンド方向と同じになり、更には下位足で「勝率の高いポイント」でエントリー出来るので、上位足でトレンドが継続する限り大きな利益を期待することが出来ます。

木を見て森を見ずの攻略ポイント

  • 長い期間の上位足で相場観をチェックして方向性を決める
  • 上位足と下位足の方向をあわせて「勝率の高いポイント」でエントリーする

「勝率の高いポイント」は別途解説します。

最後にトレードスタイル別のおすすめ上位足と下位足を紹介して終わります。

木を見て森を見ずのFXトレードは100%負ける原因の対策

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事 お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

人気記事 同じ通貨ペアでもFX会社によってチャートが違う理由とは?

タイトルとURLをコピーしました