FXの為替レートとは?

FXチャート FX基礎知識

FXの為替レートを勉強したら、BIDやASK、ロングやショート、スプレッドにpipsと聞きなれない単語が多くて戸惑っています。

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • FXの為替レートの見方がわかります
  • BID、ASK、スプレッド、ロング、ショート、pipsの理解が深まります
こんにちは。兼業FXトレーダーの「あび」です。2015年から2020年までの5年間、毎日コツコツと仮説検証を続けて初心者でも利益を出しやすい手法として「あび式FX」を作りました。本ブログではFXで勝つための3つの準備とたった1つの根拠を解説しています。

「あび式FX」って本当に稼げるの?

と気になる人がいると思いますので、検証トレードを行って以下のように実証しました。

さて。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは

FXで勝ち続けるのは難しい…

と考えているのではないでしょうか?

ずはり、FXで勝ち続けるための秘訣は2つ!

  • 基礎知識
  • 勝てる根拠

これだけです。

難しいことはありません。

基礎知識と勝てる根拠があれば勝率は上がります。

本ブログを読むことでFXの基礎知識と勝てる根拠がわかり、初心者でも「利益を出しやすいトレード」がイメージ出来ることでしょう。
本記事は「FXで安定して勝てない」とお悩みの方を対象に書いています。既に稼いでいる方には物足りないと思いますので読まなくて大丈夫です。

FXの為替レートとは?

FXの為替レートとは?

FXの基礎「チャートとは?」では、過去2回に渡ってFXのローソク足について解説してきました。ローソク足の次は為替レートの見方を勉強していきましょう。

過去の記事を見逃した人は以下からどうぞ。

それでは、FXの為替レートの見方を解説していきます。

BIDとASKとは

FXの注文画面を開くと左右に2つのレートが表示されていると思います。(このレートは右側が左側より高くなっています)

左側に表示されるレートは自分が売り注文をした際に適用されるレートになります。

これをBID(ビッド)と言います。

右側に表示されるレートは自分が買った際に適用されるレートになります。

これをASK(アスク)と言います。

FXでは「ドル円を売る」、「ドル円を買う」などの会話が交わされます。「ドル円を売る」場合はBID(ビッド)、「ドル円を買う」場合はASK(アスク)となります。

BIDやASKの意味はわかったけど「ドル円を買う」と言われた場合、ドルを買うの?円を買うの?

どちらが対象なのか分かりにくいですが、FXの「売り」や「買い」は常に通貨ペアの先頭の通貨を表します。

「ドル円を買う」場合はドルを買って円を売ることを表します。また、買い注文のためレートは右側のASK(アスク)が適用されます。

ということは、逆の「ドル円を売る」場合は「ドルを売って円を買う」ことで、売るからレートは左側のBID(ビッド)になるのね!

はい。そのとおりです!

BIDとASKとは?

・自分が売る際のレートが左側のBID(ビッド)、買う際のレートが右側のASK(アスク)。

スプレッドとは

売値(BID、ビッド)と買値(ASK、アスク)のレートの差をスプレッドと言います。

これが投資の際に負担する実質的な取引コストとなります。

例えば、注文をしてから為替レートが動かない状態で決済したとすると、我々トレーダーはスプレッド分だけ損をします。

逆にFX会社の立場では利益になるのがスプレッドです。

スプレッドはFX会社ごとに異なりますので、スプレッドが狭いFX会社を使うことが我々トレーダーには有利となります。

スプレッドとは?

・売値と買値のレートの差額。この差額が狭いFX会社を使うこと。

ロングとショートとは?

買い注文をロング、売り注文をショートと言います。

外貨預金では買うことしか出来ませんが、FXは市場価値が下がると判断したら売り注文からトレードすることも出来ます。

「ドル円ショート」はUSD/JPYの通貨ペアの売り注文のことですね!

ロングとショートとは?

・ロングは買い注文、ショートは売り注文のこと。

pipsとは?

pips(ピップス)とは為替レートの単位で、円を含む通貨ペア(例:USD/JPYやEUR/JPYなど)は「1pips=0.01円」、円を含まない通貨ペア(例:EUR/USDやGBP/USDなど)は「1pips=0.0001アメリカドル」で表します。

例えば、ドル円(USD/JPY)が100.00円から100.10円に上昇した場合、0.1円=10pips分上昇したことになります。

また、ユーロドル(EUR/USD)が1.0000ドルから1.0010に上昇した場合も、0.0010ドル=10pips上昇したことになります。

0.1円と0.0010ドルは桁が違うけど両方とも10pipsなんですね!

pipsとは?

・為替レートの単位。

スプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

スプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

最後にスプレッドについて「スプレッドが狭いFX会社が私たちトレーダーには有利なポイント」という深堀り記事を書きはじめましたが、本ページの話題から外れてしまうので別記事にします。

近日中に公開しますのでよろしくお願いいたします。

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事【実証済】FX初心者におすすめの手法解説【新しいお金の稼ぎ方】

人気記事 ついに誕生、FX初心者におすすめの勝ちやすい手法「あび式FX」

タイトルとURLをコピーしました