FXで稼ぐコツ。相場の7割は捨てて3割でチャンスを勝ち取ろう!

FXチャート FX基礎知識

単刀直入な悩みです。FXで稼ぐコツがわかりません。

このような悩みにお答えします。

本記事の内容

  • どのような相場でエントリーすれば稼げるのか?FXで稼ぐコツを解説します。
  • 稼ぐコツの根拠となるテクニカル分析の種類も紹介します。
こんにちは。兼業FXトレーダーの「あび」です。2015年から2020年までの5年間、毎日コツコツと仮説検証を続けて初心者でも利益を出しやすい手法として「あび式FX」を作りました。本ブログではFXで勝つための3つの準備とたった1つの根拠を解説しています。

「あび式FX」って本当に稼げるの?

と気になる人がいると思いますので、検証トレードを行って以下のように実証しました。

さて。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは

FXで勝ち続けるのは難しい…

と考えているのではないでしょうか?

ずはり、FXで勝ち続けるための秘訣は2つ!

  • 基礎知識
  • 勝てる根拠

これだけです。

難しいことはありません。

基礎知識と勝てる根拠があれば勝率は上がります。

本ブログを読むことでFXの基礎知識と勝てる根拠がわかり、初心者でも「利益を出しやすいトレード」がイメージ出来ることでしょう。
本記事は「FXで安定して勝てない」とお悩みの方を対象に書いています。既に稼いでいる方には物足りないと思いますので読まなくて大丈夫です。

FXで稼ぐコツ。相場の7割は捨てて3割でチャンスを勝ち取ろう!

FXで稼ぐコツ。相場の7割は捨てて3割でチャンスを勝ち取ろう!

FXの相場は「上に行ったり下に行ったり」と複雑な値動きをしています。「あび式FX」では、この相場環境を3つにわけて考えます。

FXの相場環境は以下の3つ

  • 上昇トレンド
  • 下落トレンド
  • 横ばい(レンジ)

この相場環境の割合は、上昇トレンドと下落トレンドが3割、横ばい(レンジ)が7割というイメージです。

3割でチャンスを勝ち取るということはトレンド狙いですね!

はい。

私たちトレーダーが狙うのはトレンドという考えが「あび式FX」です。上昇トレンドなら買い(ロング)、下落トレンドなら売り(ショート)を狙います。

横ばい(レンジ)は「底で買って天井で売る、天井で売って底で買う」ことで利益を出せますが、利益が伸びにくいので「あび式FX」では選択肢から外してます。

また「あび式FX」を習得するとトレンドを狙うだけで利益を積み上げることが出来るので、横ばい(レンジ)でトレードをする必要はありません。

3つの相場環境をチャートで確認します。

上昇トレンド

左から右へ上昇しているトレンドです。買い(ロング)を狙います。

上昇トレンド

下落トレンド

左から右へ下落しているトレンドです。売り(ショート)を狙います。

下落トレンド

横ばい(レンジ)

動きが良くわからないのでトレンドが発生するまで様子見。注文はしません。

横ばい(レンジ)

狙うポイントはトレンド相場!

相場が横ばい(レンジ)の時は様子見。トレンドの発生を待ちましょう!

相場の7割を捨てても勝てる秘訣

相場の7割を捨てても勝てる秘訣

7割も様子見だと注文のチャンスが少ないのでは?

「あび式FX」は28通貨ペアをチェックしてトレードするのでチャンスは結構あります。

相関関係のある通貨ペアも多いので、ある通貨ペアで注文のチャンスが来ると他の通貨ペアでもチャンスが来たりと「ボーナスステージ」が楽しめることも。

28通貨ペアの詳細は以下の記事をご参照ください。

28という通貨ペアの数は多いですが、慣れてしまえば「1日30分程度」で全ての通貨ペアがチェックできます。

また、横ばい(レンジ)の上限と下限の間で利益を狙うより、一度大きく動き出したトレンドの波に乗る方が大きく稼げます。

FXで稼ぐための「トレンド相場の見極め方」

FXで稼ぐための「トレンド相場の見極め方」

いきなり「トレンド相場を狙いましょう!」と言われても、どのタイミングがトレンド相場なのかわからないと思います。

「あび式FX」では以下のテクニカル分析を使ってトレンド相場とエントリーポイントを判断しますので覚えておいてください。

「あび式FX」で使用するテクニカル分析

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • MACD

トレンド系のテクニカル分析として移動平均線と一目均衡表。オシレーター系のテクニカル分析としてMACDを使います。

ボリンジャーバンドは使わないのですか?

たまに使います。メインは移動平均線、一目均衡表、MACDです。

今後の記事では「あび式FX」のテクニカル分析として使用している、移動平均線、一目均衡表、MACD、ボリンジャーバンドの解説をしていきます。

今後はテクニカル分析という地味な内容の記事になりますが、「あび式FX」で利益を積み上げるための大切な記事となりますので、お付き合いよろしくお願いいたします。

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事 お金を稼ぐならスプレッドが狭いFX会社が有利な理由【3つ紹介】

人気記事 同じ通貨ペアでもFX会社によってチャートが違う理由とは?

タイトルとURLをコピーしました