【FX】あなたは大丈夫?ローソク足の正しい見方を再確認しよう!

FXチャート FX基礎知識

独学でFXを始めたのでローソク足の見方があっているか不安です。

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ずばり、FXチャートのローソク足の見方がわかります。
  • トレードスタイル別におすすめのローソク足(時間軸)がわかります。
こんにちは。兼業FXトレーダーの「あび」です。2015年から2020年までの5年間、毎日コツコツと仮説検証を続けて初心者でも利益を出しやすい手法として「あび式FX」を作りました。本ブログではFXで勝つための3つの準備とたった1つの根拠を解説しています。

「あび式FX」って本当に稼げるの?

と気になる人がいると思いますので、検証トレードを行って以下のように実証しました。

さて。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは

FXで勝ち続けるのは難しい…

と考えているのではないでしょうか?

ずはり、FXで勝ち続けるための秘訣は2つ!

  • 基礎知識
  • 勝てる根拠

これだけです。

難しいことはありません。

基礎知識と勝てる根拠があれば勝率は上がります。

本ブログを読むことでFXの基礎知識と勝てる根拠がわかり、初心者でも「利益を出しやすいトレード」がイメージ出来ることでしょう。
本記事は「FXで安定して勝てない」とお悩みの方を対象に書いています。既に稼いでいる方には物足りないと思いますので読まなくて大丈夫です。

ローソク足の正しい見方を再確認!

ローソク足の正しい見方を再確認!

FXの値動きを表示するチャートは、ローソク足、ライン、バーの3種類があり、最も多くの投資家に使われているチャートがローソク足になります。

FXチャートは以下の3種類

  • ローソク足(最も多くの人が見ているチャート)
  • ライン
  • バー

FXのチャート分析は多くの人に注目されているものを使用しましょう。本記事ではチャート分析の「初めの一歩」といえるローソク足を解説していきます。

ローソク足の見方から復習しましょう。

ローソク足の見方

ローソク足の見方

上記のチャートにある白色と黒色の縦棒がローソク足。チャートを見ると長さや形など、ローソク足には様々な種類があることがわかります。

これらの形を分析することで、他の投資家の心理や今後の値動きを予想することが出来ます。

まずはチャート分析の基本ともいえるローソク足の意味を復習していきましょう。

1つのローソク足には4つの意味があります

  • 始値:初めてついた価格
  • 安値:最も安い価格
  • 高値:最も高い価格
  • 終値:最後についた価格

図解すると以下になります。

ローソク足の見方

始値よりも終値の価格が高いローソク足を「陽線」といい、終値より始値の方が高いローソク足を「陰線」といいます。

陽線のローソク足

陽線のローソク足

上記ローソク足は「陽線」のため始値よりも終値の価格が高いことがわかります。値動きは101円で始まり、100円まで下がりましたが、104円まで上昇して103円で終わったことを意味します。

陰線のローソク足

陰線のローソク足

上記ローソク足は「陰線」のため終値より始値の方が高いことがわかります。値動きは103円で始まり、104円まで上がりましたが、100円まで下落して101円で終わったことを意味します。

1つのローソク足で4つの値段と上下の方向が読み取れるのね!

ローソク足チャートは一般的に陽線を白色、陰線を黒色で表示しますが、チャートの種類によって赤色や青色などで表示することもあります。

ローソク足の種類は2つある

  • 始値から終値にかけて上昇している「陽線」
  • 始値から終値にかけて下落している「陰線」

次にローソク足の構成を解説します。

ローソク足の構成

ローソク足の構成

ローソク足は始値と終値に囲まれた「実体」と上下のライン部分の「ヒゲ」で構成されています。上のヒゲを「上ヒゲ」、下のヒゲを「下ヒゲ」といいます。

ヒゲは大衆心理を読むためのキーポイントとなりますので覚えておいてください。

ローソク足は時間軸ごとにありますので、FXのチャート分析をする際は上位足(期間が長いチャート)で相場観を確認してから、下位足(期間が短いチャート)でエントリーするポイントを判断していきましょう。

最後にトレードスタイル別におすすめローソク足を紹介します。

トレードスタイル別のおすすめ時間軸

トレードスタイル別おすすめチャート

MT4の場合、1分足から月足まで多くの時間軸があります。

どの時間軸を見てチャート分析すれば良いのか迷う…

以下の表を参考にしてください。

トレードスタイル別おすすめチャート

私がFXを始めた頃は1種類のローソク足しか見ていませんでした。

1種類しか見ない場合は「森を見ず」のトレードとなるので勝てる確率は非常に低くなります。

逆に見すぎるのも混乱を招きますので、まずは上記にあるように時間軸を3~4種類に絞ってチャート分析していきましょう。

時間軸はトレードスタイルに合った選択と集中が大事!

トレードスタイルについては以下の記事もどうぞ。

本日の記事は以上です。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

本記事が参考になりましたら、以下のボタンよりシェアやフォローをして頂けますと「ブログ記事更新」のモチベーションアップに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

人気記事【実証済】FX初心者におすすめの手法解説【新しいお金の稼ぎ方】

人気記事 ついに誕生、FX初心者におすすめの勝ちやすい手法「あび式FX」

タイトルとURLをコピーしました